クレジットカード決済|飲食店経営における売上アップを実現|POSシステムの導入

飲食店経営における売上アップを実現|POSシステムの導入

ウェイトレス

クレジットカード決済

飲食店

現在日本国内におけるクレジットカード決済可能な飲食店というのは、全体の約20%前後だと言われています。クレジットカードが広く普及した現代社会において、その数字は少ないものと考えて良いでしょう。飲食店における利用者というのは、料理に美味しさに加えて、その他のサービスが充実しているかどうかにも注目します。それは、クレジットカード決済が可能かどうかといった点も含まれるのです。クレジットカード決済を導入している飲食店が少ない理由としては、会計時の手数料が関係してきます。

クレジットカードで会計を行なった時、飲食店はそのクレジットカードを発行している会社に4%から7%の手数料を支払う必要があるのです。つまり、それだけ利益が減るということでもあります。しかし、手数料が取られたとしても、クレジットカード決済を導入することによって集客効果が得られるというのも確かです。つまり、集客効果により売上アップを実現した時、クレジットカードにより発生する手数料と利益を比較して、プラスになれば問題ないということになります。そのためには、クレジットカード決済の導入に加え、その他にも売上アップに繋がる対策を建てる必要があるでしょう。その対策の一つとして、POSシステムの導入が挙げられます。POSシステムは飲食店経営における業務効率化及び売上アップの実現を可能にするシステムで、現時点でも多くの飲食店にて導入されているのです。そのPOSシステムとクレジットカード決済を導入・連携させることができれば、満足できる売上アップ効果を得ることができるでしょう。